香川の野菜

こんにちは。
12月に入り、だんだんとクリスマスムードが漂い始めました。

県内でも、クリスマスイルミネーションのイベントが
様々な場所で開催されているようです

今年も一度は見に行きたい





さて。
そんな寒さの厳しい冬に旬を迎えるのが
香川県産の野菜『食べて菜』

香川県生まれの『さぬきな』と
おなじみの『小松菜』を交配して出来た
オリジナルの野菜だそうです。

小松菜に比べて苦味が少ないのが特徴で
生で食べても青臭さが感じられないことから
サラダやおひたし、炒め物などなど
様々な料理に利用できる万能な野菜

県内の学校では、給食にも
この『食べて菜』が導入されているとのこと。

柔らかく沢山食べられる野菜なので
子どもたちにも好評みたいですね

県内のスーパーには1年を通して販売されているようですが
やはり、旬なこの時期に一度は食べてみたいお野菜です

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment