美味しそうな

こんにちは。

昨日、ニュースで紹介されていたお店。
とっても美味しそうだったので、思わず調べちゃいました

メロンパン専門店
Melon de melon

全国にはいくつも店舗があるようなのですが
今回、四国には初上陸と言うことで
20日にオープンした高松店には行列が出来ていたみたいです。

高松店は商店街の中と言うことでアクセスしやすいですし
シナモンメロンパンや紅茶メロンパンなど、どれを見ても美味しそう

ご興味のある方は、
ぜひ焼き立てメロンパンを味わってみてはいかがでしょうか

私は行きます。メロンパン食べたい。

築城420周年記念

こんにちは。
最近は、朝夜に涼しい風が吹く日が増え
ぐっと過ごしやすくなりましたね。

少し肌寒い風に、秋の気配を感じます

季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますし
皆様もお体には気を付けてお過ごし下さい。





さて。
今日は、丸亀城の築城420周年をお祝いするイベントのご紹介。

丸亀城420フェスタ

盛大なイベントが催されるのは、9月24日なのですが
一足先に、16日から丸亀資料館にて 武士の装い展 が始まります。

日本刀のにっかり青江も展示されるようですよ

今は丸亀市にありますが、、
昔はとても有名な武将達が所有していた刀です。

柴田勝家、丹波長秀、豊臣秀吉など
それから丸亀藩主である京極家へと渡り、代々受け継がれてきたそう。

そんな讃岐京極家には、
「京極にすぎたるものが三つある にっかり茶壺に多賀越中」
なんて狂歌が残っています。

日本刀の大脇差にあたる、にっかり青江。
にっかりと笑う幼女の霊を切り捨てた、なんて逸話が有名な刀です。

実は、築城を担当した大工の祟りがあると有名だった丸亀城。
当時の大名だった生駒家は僻地に飛ばされ
代わり入ってきた山崎家も断絶してしまったのだとか。

次にやってきた京極家は、家宝にっかり青江のおかげで
祟りに遭うことなく、明治維新まで大名として存続したそうです。

そんな話もあり、『魔除けの名刀』
なんて呼ばれることもあるそうですよ


16日の展示も楽しみですが、
24日には他にも忍者ショーや鉄砲隊の砲術実演披露
など、様々なイベントが楽しめるとのこと

この機会に、丸亀城の歴史に触れてみてはいかがでしょうか

Wi-Fi導入

こんにちは。9月になりました。
だいぶ夏の暑さもやわらぎ、夜や朝は少し肌寒くなってきましたね。

こうしてゆっくりと秋になっていくんだなーと思うと
なんだか感慨深いです





さて。
今日は善通寺ステーションホテルからのお知らせ

本日より、ステーションホテルでWi-Fiがご利用頂けるようになりました
(詳細はこちら→【かがわWi-Fi】)

少しでも、皆様の快適な旅のお手伝いが出来ますように。


お祭りに花火に

こんにちは。久しぶりの更新です。
8月も終盤に差し掛かりましたね

ステーションホテルでは
夏合宿や試合で宿泊される学生さんたちの明るい声が響いています。
汗だくで、「ただいま!」と元気に帰って来る皆様をお迎えしていると
夏だなぁ、としみじみ


そうそう。夏と言えば
先日、丸亀で婆娑羅祭りが行われましたね。
ダンスイベントや屋台、そして花火
沢山の方で賑わっていたと聞きました。

「婆娑羅」とは、南北朝時代の文化的流行などを表す言葉です。
派手な振る舞いや、粋で華美な服装を好む美意識をさします。
なんだか、お祭りにぴったりな言葉ですね

江戸時代、丸亀の中心市街地は、丸亀藩の城下町でした
藩主は京極氏。その京極氏の祖先に、
「婆娑羅大名」と呼ばれ、脚光を浴びた人物がいます。

まるがめ婆娑羅祭りの名の由来は、婆娑羅大名、もとい、佐々木道誉から
婆娑羅の気風を受け継ぐ、なんて意味が込められているそうです

佐々木道誉の逸話は
「太平記」に多く残されているとのこと

興味のある方はぜひ

屋島の観光地

こんにちは。
8月に入り、更に暑さが厳しくなりましたね
夏休みを満喫している学生さんも多いかと思います。

香川県では、学生さんの休み開始に合わせて
7月の末頃に屋島ドライブウェイが無料化されました。

先日のニュースでは、通行料が例年に比べて随分と増えたのだとか。
観光客が多く訪れるのは嬉しいですね

ここで少し、『屋島ドライブウェイ』のご紹介

屋島ドライブウェイは、屋島山の山頂に続く道です。
途中に設置された展望台では、瀬戸内海や
源平古戦場の舞台などが眺められるとのこと

屋島での源平合戦と言えば、平家物語に出てくる「扇の的」のお話でしょうか。
平家が船の上に扇を立てて、「この扇を射てみろ」と源氏を挑発したと言うお話。

射手を命じられたのは、弓の名手である与一でした。
矢がヒュと空気を切って飛んでいく音すらも響く静寂の中。
与一の放った矢に射られ、空に舞い上がった扇が、ひら、ひら、と舞って海へと落ちます。
着水した扇が波に揺られると、張りつめていた緊張感がプツリと切れたように歓声が上がりました。

これが戦の余興と言うのですから、両者とも粋と言うか何と言うか。
与一が船の上ではしゃぐ男性を射て、すぐに戦が再開されてしまうのですが……。

さて、閑話休題

屋島ドライブウェイの展望台傍には駐車場もあるため、
車内で夜景を一望できる場所としても人気の場所とのこと。

道中には、展望台だけではなくミステリーゾーンと呼ばれる場所もあります。
実際は登り坂なのに、下っているような感覚が体験できるのだとか。
一体どんな感覚なのでしょうか…… 気になります。

山頂へとたどり着けば、四国八十八ヵ所霊場の屋島寺や
新屋島水族館、屋嶋城跡や長崎鼻古墳など
いくつもの観光スポットがあります

そんな屋島山頂上へ無料で行けるようになった事はありがたい
県外からの観光客だけではなく、地元に住む人たちも気軽に立ち寄れそうですね。

ご興味のある方はぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか